いせゆみこ的日々。食いしん坊日記。
ニブアバファッションショー当日。
何年ぶり?ってくらいの代官山でございます。
すっかりまぁきれいなビルに囲まれて、変わりましたわねー。

本番を行うディセの前、朝一で振りの確認。最終調整。暑いなー。

でメイクに入った時、ちょっとしたトラブル。急遽別の場所に変更、作り直しなどもろもろ。ステージは3回行われることになった。

まぁなんとかなるさ。
不思議とという気分になるのはニブロールから感じる強い自信だと思う。

本番に入って振り付け間違えた!とかそんなんは予測してたけど、つっぱりリーゼント風のでかい頭で衣装がなかなか脱げなくて、これかなり焦った。株を引っこ抜く動物の昔話みたいに、3人がかりとかで「うんとこしょ」って具合に。ふぅ...05-04-30_10-18.jpg

なんの躊躇もなく下着一丁で早着替え、裏は体のぶつかり合い。表にでるとプレス席から写真バシャバシャ。

緊張~!
と思ってたけど、会場に入った瞬間に鈴木将一朗と上村聡氏が目に入って来て、将さんもすごい写真撮ってるし、さらに踊っていたら、なぜかプレス席に淵野修平氏が悠然と座っているのが見えて、おまえどこの出版社だよ!っていう。ほんと3人のおかげで一気に和みました。ありがと!

ショーもおかげさまで大盛況。
すごく楽しかった。

とはいえ、余韻に浸る場合ではなく、夕方オールツーの稽古場へ急ぐ。
こんな本番直前にショーに送り出してくれたみんなに、ほんとうに感謝してる。
どちらもやる!と決めたのに、キャパ不足で結局迷惑をかけてしまったんじゃないだろうか。とても申し訳ない。とてもいい勉強になりました。

稽古は前半のシーンを抜いて稽古していた。
やっと台詞が馴染んで来たので少しずつリズムを意識する。

今日は遊園地で共演した岩崎正寛さん、田中夢ちゃん、あと松倉如子が稽古見学に来てくれた。
夢とお松は小道具作りまで手伝ってくれて、おかげですごく作業がはかどって、愛ちゃん先生の膨大な仕事にも終わりが見えた模様。ほんとうにありがたい限りです。
帰りに下北沢のカフェでみ~んなでご飯。夏っぽいね。よしビール解禁!(禁酒してないけど)岩崎さんから感想や、いろんな話聞けてうれしかった。

今日はほんといろんな出会いがあった。
帰りの電車でも。
驚いた。
お松の言葉をかりて「ひとりじゃなくて、みんなを大切にしたいよ」
そうだね。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ