いせゆみこ的日々。食いしん坊日記。
一昨年、アヴィニヨン演劇祭で上演された
「ソウル市民」で共演させて頂いた、
フランスで活動されている浅井宏美さんが
仕事で東京に滞在しているとのことで、
ソウルメンバーの数人と、三軒茶屋で会合。

宏美さんと二年ぶりの再会!
とわいえ、
時間が経過したことを全く感じないこの空気はなんでしょう。

宏美さんの中に流れる時間感覚がやはり、
通常の日本人とは違うってのもあるし、
ソウル市民のメンバーってみんなそうで、
そうだな、なんか実家の親戚に会う、
そんな感覚なのです。

宏美さんは東京日仏学院で行われている
「真昼に分かつ」というポール・クローデルの
作品のワークショップに通訳や進行などで
携わっているとのこと。

一緒に会合に参加していた泉陽二氏、有山尚宏氏は
来月、パブリックシアターで上演される
「友達」の稽古中だし、どちらの話もとても興味深い!
けど、
酔っぱらったらほぼ関係ない話をしていました、私たち。
ほほほ。

短い時間だったけど、会えてうれしかったな。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ